cyuugakuseininnshinn

日本は、少子化が叫ばれていますが、どのような形でも子供が増えればよいというわけではありません。とくに、中学生など低年齢での妊娠、出産は大きな問題です。

中学生が妊娠してしまう原因

cyuugakuseininnshinn

実際に、中学生で妊娠してしまうという人がいます。そもそもなぜ、中学生で妊娠してしまうのでしょうか?その原因について解説します。

 

中学生 妊娠の原因
  • 性に対する知識の欠如
  • 避妊を行わない
  • 性暴力

主な原因としてはこれらが挙げられます。まず、大きな原因と言えるのが、性に対する知識の欠如です。どのようなことをすれば、妊娠をするのか?など性に対する知識が大きく欠如していることから、妊娠してしまうということが多いです。

 

最近では、中学生同士でも性行為をするという人が少なくありません。思春期に好きな人と一緒に居たい、好きな人に触れたいという気持ちはわかります。しかし、避妊をせずに性行為をしてしまえば、当然ですが妊娠してしまう可能性は高まります。

 

コンドームに対する知識、コンドームを正しく使用するなど避妊に対しての知識や考え方が欠如しているのが、大きな問題です。中学生で妊娠してしまったらどうなるか?ということを冷静に考えておかなければなりません。

 

また、性暴力によって妊娠してしまうということがあります。これは、本人に非があるわけではありませんし、性に対する知識が欠如していたわけでもありません。しかし、現実的には妊娠してしまうことがあります。

中学生で妊娠:相手はどんな人?

中学生で妊娠してしまうと言っても、ある日突然自然に妊娠するということはありません。その相手がいることになります。中学生が妊娠してしまうケースでは、どのような相手が多いのでしょうか。

 

妊娠相手の例
  • 同級生
  • 高校生、大学生
  • 成人男性
  • 父、兄、親戚

中学生を妊娠させてしまう相手として挙げられるのは、上記のような人達です。

 

これは、同意の場合もあるでしょうし、性暴力のように無理やりというケースもあります。とくに、多いのが同級生や高校生などが相手であるというケースです。この場合には、まだ経済的に自立しているわけでもありませんし、大きな問題になります。

 

「妊娠」するということがどういうことなのか?その重要性がわかっていないということが重大な問題です。

中学生で妊娠:出産事例・統計

cyuugakuseininnshinn

中学生で妊娠してしまうという場合、ほとんどは中絶することが多いと言われています。経済的に自立しているわけでもありませんし、お互いに学生同士であるならば、出産をして2人だけで育てていくというのは無理です。

ですが、中には中学生で妊娠して出産するという人もいます。それでは、どのくらいの人が出産をしているのでしょうか?

 

厚生労働省の資料によると、以下のような状況になっています。この表は、14歳以下で出産した人の数を年数ごとにまとめたものです。

厚生労働省の統計

2015年

39人

2016年

46人

2017年

37人

2018年

37人

厚生労働省2018年人口動態統計

 

この資料では、14歳以下で出産した人のデータとなっているため厳密にはすべてが中学生であるとは限りませんが、中学生で出産している人がいるというのも事実としてあります。

中学生の妊娠ドラマ・Yahoo知恵袋への相談

cyuugakuseininnshinn

中学生が妊娠して出産するということがどれほど、困難であるのか?ということを言葉で言われてもなかなか想像することが出来ないでしょう。そんな人に見て欲しいのが、テレビドラマの「14才の母」です。

 

主人公の女子中学生、一ノ瀬未希は私立の中学に通うどこにでもいる普通の女の子でした。しかし、別の中学に通う、中学3年生の桐野智志の子を妊娠してしまいます。

 

誰にも妊娠したことを相談することが出来ずに悩む未希。やがて、妊娠したことが発覚したものの、両親はもちろん、先生や友達周りの人はみんな出産することに反対します。

 

未希だけが悪いわけではありませんが、近所の目も冷ややかなもので、精神的にも肉体的にもかなり追い込まれてしまいます。ただ、追い込まれても未希の中では、自分の中に宿る命を諦めることは出来ません。14才、中学2年生で出産することを選ぶということがどれだけ困難であるのかというものが理解できると思います。

主演は、志田未来さんですが、見てみるとその大変さを知ることが出来るでしょう。

妊娠した中学生がヤフー知恵袋を使う理由

妊娠してしまった中学生がYahoo!知恵袋で相談するということがあります。大人からすると、そのようなことをネットで相談しても解決するわけない、と考えてしまうでしょう。しかし、実際に妊娠してしまった中学生がそれを相談出来る人がいるでしょうか?

 

親、兄弟、友達、先生に相談したら怒られてしまうのではないか?相手に相談しても逃げられてしまうのではないか?といった不安の中で、妊娠してしまったという現実と、どうすべきかという悩みの中で、なんとか助けを求めているのがネットの世界なのです。

 

頭のどこかで、ここで相談しても解決しないと思っていても、「誰に相談したらよいのか」「どうすればよいのか」がわからずに悩んでいる人が多いのです。

 

誰にも相談することが出来ず、中絶することが可能な期間を過ぎてしまうということも考えられます。お腹が大きくなったことで両親にバレてしまうというケースもあるようです。

中学生で妊娠:責められるのは女性側

中学生の妊娠について、知っておかなければならない現実があります。それは、妊娠した場合、男性よりも女性側が責められることが多いという現実です。

 

1人で妊娠するということはありません。必ず相手がいるものです。しかし、現実には女性側が責められてしまうというケースが多いと言われています。

 

相手の親や相手が中絶を迫る、自分は悪くないと言い放つなどということはよくあるケースです。最悪の場合には、親からもさらに友達などからも責められてしまうということもあります。

 

このように、精神的にも肉体的にも傷つけられてしまうことが多いのです。それだけ、中学生で妊娠してしまうということは精神的にも、肉体的にも大変なものなのです。

 

中学生で妊娠した場合、男性よりも女性の方が、圧倒的にリスクが大きいということを理解しておきましょう。

中学生で妊娠しないための対策とは

cyuugakuseininnshinn

では、中学生で妊娠しないためには、どのような対策を行えばよいのでしょうか。

 

まず、性に対する正しい知識を持つということがとても重要です。性に対する正しい知識があれば、望まない妊娠を防げる確率は高まります。

 

また、中学生で性行為を行うということについてしっかりと、考えるべきです。それは、中学生で行わなければならない行為なのか?ということです。

 

思春期になると性に興味を持つということはおかしなことではありません。しかし、性行為をするということは、常に妊娠のリスクがあるということです。そのことを理解しておかなければなりません。

 

どうしても、性行為をするという場合には必ず避妊を行わなければなりません。とくに、注意をしなければならないのは男性側です。避妊として一般的に知られているのは、コンドームの使用です。

 

男性側がコンドームを使用しなければ避妊をすることは難しくなります。女性側でもピルを服用するという方法もありますが、副作用もありますし、中学生で避妊のためにピルを服用するというのは良い事ではありません。

 

中学生で望まない妊娠をしないためには、正しい性に対する知識を身につけること、性行為をする際には必ず避妊をするということを徹底して行うことが重要です。

中学生で妊娠する原因や理由:出産事例まとめ

中学生で妊娠してしまうという場合の原因は、いくつあります。

 

性暴力によるものもありますが、多くの場合、性に対する正しい知識がない、避妊をしないということが大きな原因です。中学生で妊娠するというのは大きなリスクです。とくに、女性側は精神的にも肉体的にも大変な状況になります。

 

中学生のうちに性行為をする必要はありません。どうしてもするという場合には、必ず避妊をして望まない妊娠を避けるようにしましょう。