goukakutuuchi

合格通知とは、学校に入学する際や資格試験などの結果、合格した人に通知されるもののことです。一般的には、郵送で届くというのが一般的です。皆さんも、高校や大学などでこの合格通知を受け取ったことがあるという人も多いでしょう。

 

当たり前ですが、これは合格者のみに通知されるもので不合格者には通知されません。

合格通知を貰うシーン:返信は必要か?

goukakutuuchi

合格通知を貰う時とは、いったいどのような場合なのでしょうか?

 

合格通知を貰うシーン
  • 高校入学
  • 大学入学
  • 資格試験
  • 企業に採用されたとき

以上のようなケースでは、合格通知を貰うということがあります。採用の際については、採用通知と呼ばれる場合もありますが、このような際に受け取ります。

合格通知を貰ったら、返信は必要?

学校に入学する際や資格試験などで合格通知が家に届いたという場合、「嬉しい!」という気持ちでいっぱいになることでしょう。しかし、この合格通知を貰った後にどうすればよいか不安に感じる人も少なくないようです。

 

通知を受け取って、合格という事実は把握したものの、それに対して何か返信しなければならないのではないか?と感じてしまうようです。そもそも、合格通知は受け取ってから何か返信するものなのでしょうか。

 

入学試験や資格試験の結果として送られてくる合格通知については、ほとんどの場合返信するということはありません。特別な記載などがある場合や、返信を求めるものがない場合には返信する必要はないです。

採用に関するものは返信するのが基本!

ただし、合格通知の中で、採用に関するものの場合には、返信をする必要がある場合があります。採用の場合には、採用通知と言う言い方をすることがありますが、合格通知と同じ意味になるので、それほど大きな違いはありません。

 

それでは、採用に関することで返信が必要になるのはどういったケースでしょうか。

 

最近では、採用に関する合格通知がメールで届くというケースも少なくありません。まず、合格通知がメールで届いた場合には、必ず返信をする必要があるということを覚えておきましょう。

 

相手側は、採用するということを通知して来ているので、それに対する答えを返信する必要があります。そのまま受諾するか、それとも辞退するのか、ということを必ず伝えるようにします。

 

採用に関する合格通知をメールで受け取った場合のマナーとして言われていることがいくつかあります。

 

合格通知メール:マナー
  • 返信は24時間以内に返信する
  • 合格通知に対する自分の意思を明確にする
  • マナーに注意をする

などがあります。まず、合格通知を受け取ってから、返信は24時間以内に行うようにするということについてです。

 

そもそも、なぜ24時間以内に返信をする必要があるのでしょうか。じっくりと答えを出すために、1週間、もしくは2、3日経ってから返信しても遅くはないのではないかと考える人もいるでしょう。

 

確かに、合格通知を受け取ってからすぐに返事をするのは、忙しいように感じてしまうかもしれません。しかし、それはあくまでも合格通知を受け取った側の意見です。採用を決めた企業からすると、どうするのか早く決めてくれないとその先に進むことが出来ません。

 

返信が遅れれば遅れるほど、企業側に大きな迷惑をかけてしまうことになるのです。

 

次に、合格通知に対する自分の意思を明確にするということについてです。これが一番重要なポイントになります。

 

まず、採用に対して自分がどうしたいのかを明確に示さなければなりません。承諾するのか、それとも辞退するのかということです。受諾するということであれば、入社の手続きや入社日の調整などの次の手続きに進むことが出来ます。

 

辞退するなら、企業側は他の人を探さなければなりません。そのため、受託するか辞退するかを即答することで、企業は非常に楽になり、好印象をもつのです。

 

どちらにするのかよく分からない態度は絶対にやめましょう。必ず返信する中に、受託か辞退かということを明確に記載してください。

 

マナーを守るということについてもしっかりと行う必要があります。まず、合格通知に対して返信する場合には、採用して貰ったことに関する感謝やあいさつを必ず入れるようにします。

 

感謝については、受諾する場合だけでなく辞退する場合にも必ず入れておくようにしましょう。先行する際には、多くの人が自分のことに時間やコストをかけてくれたわけですから、それに感謝の気持ちを伝えることはマナーとして当然です。

 

注意しておきたいのが、不採用の場合です。

 

不採用通知をメールで貰った際、返信しないとマナー違反になるのではないか?と心配してしまう人もいるでしょう。しかし、合格通知と異なり、不採用の場合にはその通知を持って縁が切れたということを意味していますので、返信する必要はありません。

 

返信が必要になるのは、あくまでも合格通知を受け取った場合の話になります。

合格通知は郵送される場合が多い:簡易書留

goukakutuuchi

合格通知はどのようにして、手元に届くのでしょうか。

 

一般的には、郵送で届き、普通郵便で届くケースよりは簡易書留などを利用して郵送されるのが一般的です。普通郵便だと追跡調査が行えないためです。記録が残るように、簡易書留などを利用しています。

 

ただし、すべての合格通知が郵送で送られてくるということではありません。

 

とくに、採用に関する合格通知などについては、メールで届くというケースも増えています。郵送にかかるコストの削減というのも大きな理由のようです。

 

合格について、どのような方法で行われるかについては、試験などの際に記載されているケースがほとんどです。その記載事項を確認するとよいでしょう。

合格通知が届かない:いつ届くのか

合格通知について多くの人が知りたいと考えている情報が、合格通知はいつ届くのかということでしょう。

 

たしかに、合格通知がいつ届くのか?というのは非常に気になるものです。しかし、これについてはそれぞれの学校や団体、企業などによって異なるということしか言えません。

 

試験を行う場合などには、合格発表日や合格通知についての記載があることがほとんどです。

 

合格発表から1ヶ月程度してから合格通知が届くという資格試験などもありますので、一概にどのくらいで届くというのは言えません。ある程度の目安については、わかりますが実際にいつ届くのかというのは、それぞれの状況によって異なるということになります。

合格通知の再発行は可能?

他にも、合格通知に関して心配になるのが、再発行が可能であるかどうかです。

 

合格通知はとても嬉しいものですが、誤って紛失してしまったというケースも少なくありません。大学などの入学の際に、合格通知書が必要だったのに、引っ越しの際に紛失してしまったなどということもあります。

 

まず、再発行が可能であるかどうかは、学校や資格試験を管理している団体に問い合せて確認するのが良いでしょう。再発行が可能な場合とそうでない場合があるからです。

 

また、再発行が可能な場合でも、別途費用がかかるというものもあります。資格試験などでは再発行する際に、費用がかかるというケースが多いので、紛失しないよう十分な注意が必要です。

合格通知はいつ郵送される?まとめ

goukakutuuchi

合格通知とは、合格者のみに通知されるものです。

 

合格通知については、特定の場合を除いて返信をする必要はありませんが、採用時などにメールで受け取った場合などは必ず返信をする必要があります。返信をしないと企業に大きな迷惑をかけてしまうからです。

 

また、学校や団体などによって、合格通知を再発行可能な場合とそうでない場合があります。そのため、受け取った合格通知は紛失してしまわないように大切に保管しましょう。