亀頭包皮炎 オロナイン

亀頭包皮炎は、男性に起こる病気です。男性の亀頭部分や包皮に、細菌または、カンジダが感染することで炎症を起こしてしまうというものです。原因は、1つではありません。

 

細菌が原因で炎症を起こしているという場合もありますし、カンジダが原因で炎症を起こしている場合もあります。さらに、その両方に感染しているということもあります。

そして、亀頭包皮炎は、オロナインで治せるのでしょうか。

亀頭包皮炎になってしまう原因や症状

亀頭包皮炎 オロナイン

結論から言えば、オロナインでは「治せない」です。

まずは、亀頭包皮炎の症状について適切に学んでおきましょう。

亀頭包皮炎の症状

亀頭包皮炎:症状の例
  • 赤くなる
  • ただれてしまう
  • 痒みがある
  • 軽度の痛みがある。
  • 炎症によって赤くなり、膿が出る
  • 白いカスがたまり、かゆみが出る

上記の通りですが、原因となる菌によって症状は異なります。

 

この症状の中で、白いカスが出るというのは、カンジダに感染していると考えられます。このような症状が出ているという場合には、診察をしてもらうのがよいでしょう。

 

亀頭包皮炎は、子供に多いと言われている病気ですが、成人男性もなることがあります。また、とくに男性の中でも包茎の人に多く見られる病気です。

亀頭包皮炎になる原因

亀頭包皮炎についてですが、様々な状況でなると言われています。例えば、亀頭部分や包皮に小さな傷が出来て、そこから感染して炎症してしまうというケースがあります。

 

また、女性との性交渉によって、淋菌やカンジダなどに感染して症状が出るということもあります。その他に多い原因としては、洗い過ぎというものです。

 

ボディーソープや石鹸などで洗い過ぎてしまうことによって、炎症を起こしてしまうということがあります。洗い過ぎてしまうことで、傷つきやすくなってしまうので、洗い過ぎには注意が必要です。

 

反対に全く洗わないなど、不衛生な状態になっているという場合にも菌が繁殖しやすくなるので、亀頭包皮炎になってしまう可能性が高まります。包茎の人の場合には、亀頭が露出しないので、不衛生な状態になりやすいので、とくに注意が必要です。

亀頭包皮炎:オロナインでは治らない

かゆい、軽く痛むなどの場合、恥ずかしくてなかなか病院に行けないという男性も多いでしょう。病院に行けないという場合、とにかく市販の薬を試してみたいと考えます。中でもオロナインを使用して治そうとする男性が多いと言われています。

 

しかし、オロナインで亀頭包皮炎が治る可能性は非常に低いです。

 

前述したように、亀頭包皮炎の原因は様々です。原因となる菌を特定してそれに効く薬を使わないと治療することは難しいと言えます。自宅で病院に行くのが恥ずかしいからと言って、オロナインで治療を続けてもその効果は期待出来ないと言えるでしょう。

亀頭包皮炎とオロナイン:成分解説

亀頭包皮炎 オロナイン

オロナインは、よく知られている市販薬ですが、どのような症状に効果のある薬なのでしょうか。

オロナインは、大塚製薬株式会社から発売されている薬です。オロナインの効能・効果は、にきび、吹出物、やけど、はたけ、ひび、しもやけ、あかぎれ、きず、水虫(じゅくじゅくしていないもの)、いんきん、たむし、しらくも となっています。

 

つまり、細菌や特定の菌に効くという可能性は非常に低いと言えます。そのため、オロナインを毎日つけても亀頭包皮炎を治すことはできません。

オロナインの成分

オロナインの主成分として用いられているものは、クロルヘキシジングルコン酸塩液です。

 

この成分は、殺菌、消毒効果があると言われています。そのため、一部では、亀頭包皮炎などの効くなどという情報もあるようですが、実際にオロナインを使って亀頭包皮炎が治るという可能性はほとんどないと言えます。

 

専門の病院に行って、診察を受け、適切な治療を行うのが最も効果的です。

市販薬で亀頭包皮炎治療は可能か

どうしても病院に行くのが、恥ずかしいという場合、ドラッグストアなどで効きそうな薬を購入しようと考える人もいるでしょう。

 

市販薬で治療をすることは可能なのかということですが、可能性はゼロではありませんが、病院で処方される薬と比較するとやはり可能性は低いと言えます。

 

そもそも、原因となる菌が何かがわからないと、薬の選びようがないからです。

 

病院に行けばどの菌が原因かということはわかりますが、一般の人が見た目で判断するというのは不可能です。このようなことからも、市販薬を購入して使用するよりは、病院に行くことをおすすめします。

亀頭包皮炎の適切な治療法について

亀頭包皮炎 オロナイン

亀頭包皮炎については、細菌性亀頭包皮炎とカンジダ性亀頭包皮炎に分けることが出来ます。

 

細菌性亀頭包皮炎の可能性があるという場合には、抗生物質を使用する、ステロイドなどを使用して治療を行います。塗り薬だけでなく、症状や炎症の程度などによって、飲み薬を使用するということもあります。

 

カンジダ性亀頭包皮炎の可能性があるという場合には、抗真菌薬を使用して治療を行います。塗り薬を使用して治療を進めますが、炎症の程度によっては、ステロイドが使われることもあります。

 

このように、亀頭包皮炎の治療については、その原因となる菌がどれかによって、治療法が異なるということです。

 

診察に行くと、綿棒を使って患部の皮膚をぬぐい、培養検査をするというのが一般的です。この培養検査をすることによって、亀頭包皮炎の原因となっている菌を特定します。原因となる菌が特定されてからその原因に応じた薬を使って、治療をします。

 

病院で処方される薬は、市販薬よりも効果が高いというケースが多いですが、薬の効果には個人差があります。また、薬が人によってあわないという場合もあります。医師と相談しながら治療を進めていくことになります。

 

また、医師から処方された薬を使っていくと、症状が改善されるということがあります。

 

症状が改善したからと言って勝手に薬を使用しなくなるという人がいますが、勝手に判断してはいけません。薬によって症状を改善することが出来たとしても、原因菌がそこに残っていればいずれは、再発してしまうということになるからです。

 

医師の指示を守り適切に、薬を使用しましょう。

亀頭包皮炎の疑いがある場合、何科に行けばいい?

陰部がかゆい、傷む、炎症を起こしているなどで、亀頭包皮炎の疑いがあるという場合には、何科にかかればよいのかと悩んでいる人も多いでしょう。亀頭包皮炎の疑いがあるという場合、泌尿器科または、皮膚科に行くことが適切です。

 

亀頭包皮炎は、自然に治癒することもあると言われていますが、そのまま放置しておくと、炎症が悪化してしまうこともあります。症状を感じたら、出来るだけ早く診察、治療を受けるようにしましょう。

亀頭包皮炎の予防法:清潔な状態を保つ

亀頭包皮炎 オロナイン

亀頭包皮炎は、1度治っても繰り返し、亀頭包皮炎になってしまうということがあります。そこで、亀頭包皮炎を防ぐための予防法について解説します。

亀頭包皮炎予防

まず、清潔な状態を保つということが非常に重要です。

 

包茎の人で何度も亀頭包皮炎を繰り返しているという場合であれば、包茎手術を検討するとよいでしょう。亀頭を完全に露出することによって、衛生環境が改善されます。余分な包皮を切除することで清潔さを保てるので、亀頭包皮炎になりにくくなります。

 

包茎手術を行うという場合には、包茎手術を専門に行っているところで手術を受けるのが良いでしょう。

 

また、女性と性交渉をする際には、コンドームを使用するということも大切です。

 

女性から感染するということもあるためです。激しい手淫などの自慰行為などにも注意が必要です。そのようなことを繰り返すと傷などが出来て、そこから感染するリスクが高まります。

亀頭包皮炎はオロナインで治らないまとめ

亀頭包皮炎は、細菌やカンジダなどが原因で起こる病気です。

 

子供に多いと言われていますが、成人男性でもなる病気です。亀頭包皮炎になった場合には、オロナインなどの市販薬で治療をするのは難しいです。

 

泌尿器科や皮膚科などで診察を受け、原因菌を特定してもらい、それに応じた薬を使って治療をするというのが最適な方法です。とくに、不衛生な状態になりやすい包茎の人は注意が必要です。

 

清潔な状態を維持することが大切です。また、女性と性交渉をする際には、コンドームを使用するのがおすすめです。